ザ・グレイトフルデッド跡地

2009年05月25日

出願から戦いは始まっている!

 以前ブログで紹介した勇み足の同級生。
 詳細は、こちら。

 出願期間開始日よりも以前に出願してしまった馬鹿者勇者の願書も無事に受理され、受験票が届いた。


 出願期間より前に出願しても受理されるなら、受験番号0001をゲットできるはず。
 そうなれば、試験会場の一番前、かつ、角というナイスなポジショニングが可能となることになる。
 
 しかし、そうは問屋が卸さない。(単独直接取引拒絶)
 同級生の受験番号は0002番。
 つまり、勇者を上回るツワモノがいたのだ!

 いつ出願したのか、問い詰めたいところである。


 なお、上記の方法を真似て、受理されなくても当局は一切関知しない。
 というか、受験政策上は、出来るだけ出願期間の終わり際に出願すべきだろう。
 なぜなら、後ろにいけば行くほど、受け控えの数が増えるからだ!
 (堀馬の経験談)
 出願をギリギリまで悩んだ人は、受け控える可能性も高いのだろう。

 なお、以上を踏まえて出願期間を経過してしまっても、当局は一切関知しない。


posted by 名もなき元受験生のソウル at 01:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試験会場でやって良いこと、悪いこと

 今回の試験でわかった範囲で書いてみる。

【やってもセーフ】
1.机上において良い物
 目薬、マスク、冷えピタ、万年筆のインクボトル、ティッシュ
  冷えピタを首や腕にも張っている御仁もいた

2.試験時間中のトイレについて
 ハンカチ、ティッシュの携行可
 顔を洗ってもOK
 軽い運動をすることも可能 
  トイレ時のボディチェックは自己申告
  良いのか、あれで?

3.座布団、ひざ掛けの使用可

4.ペットボトル二刀流可
 ペットボトル入りなら、何でもOK
 堀馬は、お茶とスポーツドリンク二刀流




【やると怒られること】

1.シャープの芯の入れ物を机上に置くこと
 なぜか神経質に怒っていた

2.試験六法に開始前に触れること
 試験直前に貸与六法を見直すことは出来ないので、注意!

3.試験開始前の説明中にトイレに行くこと
 これも不可
 バラバラと行く人が多かったからか


 とりあえず、思いつくところを書いてみた。

 その他、「こんなことしたら怒られた」とか「これはありだったのか」ということがあったら、教えてくださいな。


posted by 名もなき元受験生のソウル at 20:32| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

経済法の勉強方法

 Daiさんからのリクエストにお答えして、経済法の勉強方法について、一席ぶたせて戴きます。


 繰り返しになりますが、まずは辰巳の「経済法 9時間早わかり講座」をお奨めします。
 有斐閣アルマも良いですね。

 経済法の演習問題は余りありませんが、以前法学教室に3ヶ月に一回連載されていた演習ものがお奨めです。12回分くらいあるはずです。
 これを2回解きました。(構成のみですが)
 試験の前の晩にも読みました。


 演習問題が少ないので、百選、重判7年分くらい(百選が古いので)も事実を読みつつ、何条の問題かを考えていくと、勉強になると思います。
 百選と重判の事実と判旨は、すべて一読しました。
 重要な判例、辰巳の模試で出た判例については、解説や基本書を参考に、事前に論証を作成しました。


 経済法は、構成要件を間違えると致命傷なので、判例六法の判例も読んで、「いかなる事実でいかなる条文が問題とされているか」のイメージを掴もうと努力しました。

 あとは、辰巳の模試+公開模試。


 そして、何より過去問。
 経済法の優秀答案も少ないのですが、各年受験新報で1,2つ掲載されているはずです。
 上記の9時間早わかり講座にも、優答がついてます。

 それと、以前紹介した村田先生の記事を参考にしました。
 (古いのは、先生の移籍と共に消えてしまったようですが…)

 
 経済法は資料が少なく大変ですが、演習本が充実した科目だと、それはそれで受験者のレベルが上昇してしまうので、「資料の多い科目=有利」とは言えないと都合よく考えています。


 最近では公取委が出しゃばっている頑張っているので、実務でも役に立つと思います。

 さぁ、皆もレッツ・トライ・経済法!
  
 
posted by 名もなき元受験生のソウル at 22:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

経済法の勉強方法 追記

 一読者さんから質問いただいたので、調子に乗って追記をば。

 堀馬が使っていたのは、有斐閣アルマの「ベーシック経済法」です。

 5回くらい通読しました。
 9時間早わかり講座の先生ご推奨です。
 (講義も大体これに沿ってやってました)


 これと、根岸・舟田先生の「独占禁止法概説」を解説書代わりに。

 
 また、法学教室の演習は、
 2006年5月号(No.308)から
 2008年3月号(No.330)まででした。
 1号おきに掲載されています。



posted by 名もなき元受験生のソウル at 10:27| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辰巳・再現答案依頼

 帰宅すると、辰巳から分厚い封筒(答案用紙入り)。
 再現答案の依頼だ。

 公開模試の結果が良かったため、試験終了日に再現依頼(特別枠?)が来ていた。
 試験の終了の翌日に申し込むも、枠はすでに満員。
 (特別枠には、多少色が付く)

 気を取り直して、一般枠に応募したわけだ。

 良し良し、これで本代の足しになる。



(本日)

 日中 チーム・バチスタの栄光読了
 夜  ゼミの準備や予習

 ゼミの予定が決まったので、そろそろ再起動。
 チーム・バチスタは面白かった。
 法律学者は、もっと文章力を磨くべきだなw



posted by 名もなき元受験生のソウル at 21:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

スペック

 毎日多くの方が閲覧してくださるので、堀馬のスペックを晒します。
 日々の記事のご参考に。
 (要は自己顕示欲が強い)


 性別 男
 年齢 30代半ば

 家族 妻、子供×3
 家業 大家

 学部 法学部 ローに同じ
 ロー 東海地方の絶滅危惧ロー未修コース
    (レッドデータブック掲載予定)

 旧司 受験回数8回くらい?
    (「今まで食べたパンの枚数を覚えているか?」レベル)
    短答 3回合格
    論文 総合G×3
    (科目毎に良いのはあったが、箸にも棒にもかからない)
 

 こんなところですかね。
 ご質問があれば受け付けます。

 

posted by 名もなき元受験生のソウル at 14:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

直前期の思い出

 来年受験予定五期既修者さんからのお題にお答えします。


 
本試験と再現おつかれさまでした。短答おめでとうございます。


 ありがとうございます!
 


設問
1、直前のまとめとして、@自作ノートA論点ハンドブック、趣旨規範ハンドブックBステップアップを使っていらっしゃったと思いますが、(1)どのような比率で、また、(2)どのようにつかっていらっしゃったのでしょうか。


小問(1) 直前のまとめの@からBの使用比率について
 直前期には、論点ハンドブックは余り使いませんでした。
 基本は、@とステップアップ。
 前日に趣旨規範ハンドブック。
 で、判らないところは@で確認していました。

小問(2)使用方法
 4月の公開模試後、まずB。そして@の内で基本的なところを答案で表現できる程度まで確認・記憶するという方法をとっていました。
 あとは、自分が苦手なところの再確認。
 (共犯間の錯誤とか、瑕疵担保の法的性質とか)


設問
2、他にも直前のまとめに役立ったものはありますか。

 他・・・他ですか・・・
 ふーむ、4,5月はそれまでやった答練やゼミの復習ゼミをしてました。
 試験に出題されたときに
「これ見たことあるけど、どう書くかワカラネー!」という状況になると悔しいので(笑)

 こんな感じです。

 それにしても、試験後、物凄い勢いで記憶が抜け落ちて行っている…
 勉強のことは言わずもがな、試験前後の生活の記憶も。

 辛い記憶は早く忘れたいのか(笑)

 火曜日から条文ゼミ。
 明日は、その準備をせねば。
 ゼミへの参加者を募集しています(笑)



posted by 名もなき元受験生のソウル at 01:24| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼミは人のためならず

 明日から条文ゼミ。
 無類のゼミ好きを自称する堀馬の季節がやって来た。

 ゼミについて、次のような意見を聞き及んだ。
「ゼミをやって、自らが時間を掛けて積み上げてきた物を、易々と他者へ譲り渡すことは損である。」

 うーん、何って言えば良いのかな?

 もちろん、時間を掛けて調べたことを他者(ライバル)に易々と教えてしまうことは、自分が損をした気がするかも知れない。

 しかしだ。
 堀馬の理解や記憶が深まったのは、ゼミのお陰。
 勉強のペースを作る。
 そして、前の晩に予習する。ゼミで話す。質問を受ける。
 という一連の流れで理解が深まり、記憶が強化される。

 なので、ゼミは人のためではなく、自分のため。
 ゼミ中、一番多く喋っていた堀馬が一番学力が伸びたと思う(自己評価)。

 そんなわけだから、ゼミはとてもとても良いモノなのですよ? 
 但し、ご利用は計画的に。


 
posted by 名もなき元受験生のソウル at 23:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

条文ゼミ 初日

 さしたる準備もなく、条文ゼミ開幕!

 お陰様で、修了生10名、在校生6名という人数が集まってくれた。

 冒頭、堀馬が条文の重要性について一席をぶつ。
 その後、民法の条文の目次を一覧した後、レッツ・スタート!

 1.条文を読む
 2.趣旨を指摘する
 3.関連条文、似たような条文を適当に指摘したり、質問したりする
 4.判例六法掲載の判旨を読む
 5.判例を整理して、次条へ


 9時スタート、12時すぎに終了。

 一回目なので、かなりゆったりとしたペースで進めた。
 その結果、今日は代理の手前でフィニッシュです。
 判例六法だと25ページ分。

 このペースで行けば、週2回のゼミで7月半ばには民法が終わる。
 夏休みはもうちょいペースを上げ、合格発表までに、4科目くらいやれると良いな。 


 そして、なんと来年受験予定五期既修者さんと(仮)さんから、ゼミ参戦のメールがwww
 何たる勇者!

 このブログで書いているほど、楽しいものじゃあ御座いませんよ?
 堀馬はショボイしww

 でも、外部の血が入るのは悪くない。
 ドンドンかかって来いやぁーっ!(笑)


【日時】 毎週火金 9時から13時
【場所】 モリコロパーク近辺
【連絡先】horiba99(アットマーク)hotmail.com
  迷惑メール防止のため、@を(アットマーク)に置き換えてあります。
 
 いろんな人が来た方が、楽しいよね、misimaさん?(笑)



posted by 名もなき元受験生のソウル at 23:59| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

2009年の合格者数

 今年は何人合格するのか?
 昨年破られた「目安」は、もはや無効なのか?

 風の噂で、ロー1期生の先輩方は署名を集め、合格者数の増加を法務省に訴えたと聞いた。
 気になったので、ちょっと調べてみた。

 そしたら、こんな記事が。
 「どうやら署名の効果はあったようで」
 



 署名も全く無駄でもないようだ。

 合格者数についての発表を時系列に並べてみた。


05年2月28日
 司法試験委員から「平成23年度には3,000人とする」という発表

07年6月 「08年は2,100〜2,500人
      09年は2,500〜2,900人」との「目安」を発表

08年9月 2,065人合格(目安割れ)

   

 たしかに、議事録などには、「合格者の概数は、実際の試験結果に基づき当然変動し得る性質のものである」とある。
 しかし、平成14年3月19日の閣議決定において、「平成22年ころには司法試験の合格者数を年間3,000人程度とすることを目指す」とされており、今のところ、これを覆す閣議決定は存しない。

 司法試験委員会におかれましては、今年の目安である「2,500〜2,900人」、最低でも2,500人合格を堅持してもらいたい。

 そうでなければ、余りにも不意打ちではないか?

 
 
posted by 名もなき元受験生のソウル at 22:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

あと100時間を切ったわけだが・・・


 あー、もー!
 俺って奴はぁよー!

 気にしても仕方がないのに、発表までの脳内カウントダウン大会。

 何をやるにも身が入らない!

 あと、4日を切った。

 ゼミも終わってしまった…
 明日は、要件事実でも読むか?

posted by 名もなき元受験生のソウル at 00:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

果報は寝て待て?

 発表前に成績証明書を集めるのはよろしくない、というジンクスがあるとかないとか。
 (マーフィーの法則?)
 だが、やることがなかったので、書類を書いたり、証明書を集め始めた。

 堀馬は無駄に大学に通っているので、成績証明書が4通w
 大学、法学研究科(ロースクールではない頃の)、経営学研究科、そして法科大学院。

 あー、もーホント、いくらかかっているのか、計算したくない。
 正確に計算したら、弟から特別受益を主張されるわ。間違いなく。


 今日は住民票と登記事項証明書をゲットしに市役所・法務局へ。
 住民票は20分程度で取れる。
 (身分証明書が必要。350円)

 続いて、登記事項証明書を取りに法務局へ行ったところ、「支局ではとれません」とのお答え。
 愛知県では、丸の内の合同庁舎でのみ取れるとのこと(即日交付)。
 (あとは郵送)
 
 よっしゃーっ!
 合格発表後に、合同庁舎乗り込んでくれるわ!

 これで、これで落ちてたら、(丸っきり)馬鹿だぜーっ!
 (辞世の句)

posted by 名もなき元受験生のソウル at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

あとちょっと

 帰宅後、嫁に対し、予め謝罪。

  堀「明日ダメなら、来年もやります」

  嫁「気が済むまで、やりなはれ(苦笑)」

 さーて、明日はビデオ撮影しながら行ってくるぜ!
 ダークナイトを見て、寝ることとス。

・明日の目標
 ダメでも、すぐ再起動する。
 もどる道など、ない!


 とか、言いつつも、「大丈夫」と思っている自分もいる。
 もー、試験勉強は嫌なんじゃーっ!
 お願いします!合格させてください!
 (誰に祈っているのか?)

posted by 名もなき元受験生のソウル at 02:02| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

そして時は動き出す

 朝起きて、嫁に
「よもや夢オチってことはないよな?」と確認。

嫁「夢だけど、夢じゃなかった!」

 どうやら、夢ではなかったようだw


 今日は、師匠への報告、お世話になった方々への御礼行脚。
 20代前半から止まっていた時間がようやく動き出した。

 自分に凍れる時の秘法をかけていたのかも知れん。
 そういえば、今年は日食があったなw

posted by 名もなき元受験生のソウル at 00:59| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

そろそろ再起動


 明日は、親族を集めての報告会。
 
 これでようやく嫁さんのご両親を安心させられる…
 実に感慨深い。

 義父上は、堀馬が司法試験から撤退した際に、
「諦めずに頑張れ!」
 と励ましてくれた。

 その義父上を喜ばせることが出来て本当に嬉しい。


 堀馬は8年前の結婚披露宴において万座の前で
「『今年』合格します!」
 と宣言した…
 (結果は論文落ち)

 あれから8年・・・
 8年もかかってしまったよw
posted by 名もなき元受験生のソウル at 04:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作戦名「スレンダー」

 堀馬はいい年なので、法曹として早く一人前になりたい。
 そこで、修習を充実したものとすべく、新たに学習計画を立案したい。
 (敵を倒すには早い方がイイってね)

 10月22,23日には、地元弁護士会による事前研修会があるため、それまでに要件事実や刑事事実認定を一通りやりたい。
 要件事実については、30講をやることとス。

 これと並行して、民事保全・執行、破産法についてその概略だけでも把握したい。

 例年10月25日前後に白表紙が届くそうなので、それ以降は、白表紙や事前課題に取り組む計画を立案しよう。

 実のある修習生活にしたいものだ。
 
 
 幸い、堀馬が試験前日までゼミをやってきた仲間(通称オレンジ君)も合格したので、ゼミをガッチリ組もう。
 我々が我がローの合格者1号なのだから、恥ずかしいことは出来ん!
 そして、「新試験合格者は、質が…」云々とは誰にも言わせん!

 修習・二回試験に備えて、お奨めの教材などがありましたら、教えてください!

posted by 名もなき元受験生のソウル at 04:29| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

修習対策

 兵卒さんから教えていただいたアマゾンのリストマニアを元に、修習に有用な書籍についてまとめてみる。


・要件事実論30講
・要件事実問題集 岡口 基一
・基礎からわかる民事執行法・民事保全法

 この3冊は購入予定。


 上記リストのうち、数冊は堀馬の本棚に入っていた。
 本棚の肥やしになっている…


・要件事実マニュアル
 調べもののキッカケとして用いられる模様。

・民事尋問技術
 ローでの模擬裁判で使うために購入したが、ほぼ未読。

・刑事事実認定入門
 薄いので、これは読了したい。


 引き続き、皆様のご意見をお聞かせください。

posted by 名もなき元受験生のソウル at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

経済法対策

合格おめでとうございます!
自分はロースクール生なのですが、経済法を選択しようか悩んでいます。
もしよろしければ、以前記述のあった辰己の講座と法学教室の演習以外で、お勧めのものがあったら教えていただけないでしょうか?
たとえば、上位合格の再現などもほとんど見当たらず、困っているのです。

司法修習対策の間でも暇な時があれば教えてください。
Posted by ロースクール生 at 2009年09月14日 22:33


 ロースクール生さんからのリクエストにお答えして、経済法対策を。

1.有斐閣アルマ「ベーシック経済法」で大枠を掴む

2.舟田・根岸「独禁法概説」や辰巳の講座・法学教室
 を用いて、条文ごとの構成要件をまとめていく

3.分からないところは、先生に聞く

 まずは、各構成要件を把握した上で、個別に問題となる点を書けるように準備することが肝心だと思います。

 優秀答案は、真法会の再現答案集にも載っています。
 
posted by 名もなき元受験生のソウル at 23:31| Comment(28) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

司法試験、時間割変更

 試験の時間割が変更されたようだ。
 http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h21-01jisshi.pdf

 初日  短答
 2日目 民事系
 3日目 休み
 4日目 選択・刑事系
 5日目 公法系

 
 いかなる意図があるのだろう?

 ところで、出題趣旨まだー?


posted by 名もなき元受験生のソウル at 02:11| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

スト2答案作成法

 某予備校より、合格体験談の依頼アリ。

 そこで、考えたのが「スト2と司法試験」。
 以下、レジュメの目次。

1 司法試験とスト2

2 めくり答案構成法

3 待ちガイル答案(手堅いが嫌われる答案)と攻めガイル答案

4 ピヨり答案
  起き上がり対策(試験中にダウンしたときの立ち直り方)

5 236236P

6 PPK
 

 など考えたのだが、その日は残念ながら先約があった。
 残念残念w

posted by 名もなき元受験生のソウル at 00:18| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。