ザ・グレイトフルデッド跡地

2009年10月07日

凡夫 その3「HBの鉛筆をベキッ!とへし折る事と同じようにッ できて当然と思うことですじゃ!」

 ロー生さまからのご質問。
「詳細な計画を立てる時点で「完璧主義」者にしか思えないのですが…
 ヘタレな私にも実行可能な計画立ては存在するのか?」

 
 計画を立てる分には、完璧主義でも良いと思います。
 重要なのは、その実施に当たって、完璧を求めないことです。

 私の場合、
1.ステップアップ
2.自分のノート
3.その他

 という順で優先順位を付け、「最低限ステップアップだけはやる」等としておりました。
 全部やろうとすると大体破綻しますw


 で、本日の本題へ。

 計画倒れ歴35年を誇る堀馬が、以上の計画を実行するに当たっては、「習慣化」を心がけた。
 
「毎朝、必ず8時に登校する。
 朝、答案を書き、検討、ゼミ。
 昼以降は、答練復習、ゼミ予習、その他をやる。
 夜12時まで帰宅しない。
 帰宅したらPCをつけずに寝る。」

 という生活を習慣化する。
 これが当たり前、にする。
 
 それができれば、1年後にはあら不思議、結構答案が書ける様になっているとかいないとか。

 
 新たな生活習慣を作るにあたって非常にエネルギーが必要とされた。
 特に自己管理能力の欠ける堀馬にとっては…

 そこで、今までの生活パターンを変えるにはインパクト、とりわけ、新たなパターンを守れなかった場合の制裁を要した。
 
 堀馬の場合は仲間を利用した。
 まず、朝の答練には、それまで余り交流のなかった同級生にも加わってもらった。(むしろ怖いくらいの相手がお奨め)
 その上で、答案用紙と問題を堀馬が預かり、堀馬が行かないと仲間全員が答練できない、という状況にした。
 
 今考えれば非常に自分勝手だが、このお陰でほぼ1年間朝の答練を続けることができた。

 やりかけていたゲーム(ペルソナ3)も、同級生に預けて封印。

 最初の1ヶ月が続けば、あとは続く。
 計画を守れると、嬉しくなってまた計画を立て実行する、という良いサイクルに入れる(はず)。

 朝、起きれない人は、起きれるようになるまで目覚ましを増やす。
 家でできない人は、家を出る。

 PCに明け暮れてしまう人は、PCを封印する。
 いや、もう捨てろ!

 人は何かの代償なしに何かを得ることができない。(鋼の)

 何もかも、捧げてしまえ!
 たったの1,2年だ!
 少なくとも、私は捧げた!
 betti.jpg
posted by 名もなき元受験生のソウル at 23:14| Comment(6) | 凡夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速私のコメントを採り上げて頂き、感謝感激です!

> 「毎朝、必ず8時に登校する。
>  夜12時まで帰宅しない。
>  帰宅したらPCをつけずに寝る。」

私はこの時点で挫折確実です。orz

とりあえず、あと半年だけでも、1日の学習時間を10時間に近づけられるよう努力します。
Posted by ロー生 at 2009年10月08日 01:34
「蝕」が起きて試験委員会のゴットハンド達が降臨するんですね、わかります(笑)

僕も、上手く自分をコントロールするという広義の自制心も大事だと思います(我慢して勉強するという狭義の自制心は当然の前提として)。
Posted by ふーご(仮名) at 2009年10月08日 02:25
おや、合格されたんですか?
おめでとうございます。

ご無沙汰しております。
がち(・・・だったと思う)です。

やっと、現実世界に復帰されるのですね。
よかったよかった。

私も嬉しいです。
近々、私も業務関連の国家試験を受験します。

司法試験に比べると、格段に優しく、タダのこくご試験といった感じですが。
今後のご活躍とご健康をお祈りします。


Posted by がち(・・・だったと思う) at 2009年10月08日 10:08
>ロー生さま
>あと半年だけ
 で済むか、もう1年追加か、その瀬戸際と思って下さいませ。
 やる前から、挫折してはなりません(笑)


>ふーご(仮名)サマ
 狭義の自制心が足りないので、勉強に向かわざるを得ないような環境作りで勝負しました(笑)


>がちサマ
 ご無沙汰しております。
 ありがとうございます!
 ようやく社会復帰できそうです(笑)
Posted by 堀馬 at 2009年10月08日 18:38
質問です。
堀馬さんはステップアップシリーズを愛用されていたみたいですが,これを使っていたのは薄くて回しやすいからでしょうか?
実際どれぐらい新試に役立つと思いますか?
Posted by ぷりん at 2009年10月08日 23:41
>ぷりんサマ
 すぐに読めるからです。
 私としては、かなり役に立ったと思います。
Posted by 堀馬 at 2009年10月09日 00:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。