ザ・グレイトフルデッド跡地

2009年09月26日

マグネットコーティング その1

 本日は、「書く速度」について書いてみる。

 「書く」という行為は、2ツの要素から成っていると考える。

  1.脳内で文章をひねり出す
  2.それを物理的に書く
 である。


・2について
(1) 万年筆を使用し、筆圧を余りかけず、流すように書く
 筆圧をかけることで手が疲れ、速度が落ちる。
 ペンだこもできる。

 そこで、万年筆。
 万年筆なら、筆圧をかけずに書ける。
 以前は、100円の使い捨てを使っていたが、当たり外れがあり、ひっかかる。
 なので、ある程度奮発していい物を使いたい。
 1万円以上のものをお奨めする。
 


※ただ、文字が下手すぎて読めないというお方には、「流して書く」と読解不能となってしまう。
 そこで、前段階として、ためしてガッテンで紹介されていた文字の書き方の訓練を。
 詳細については、下記のURLを(PDFなので重い)
 http://www9.nhk.or.jp/gatten/pdf/program/P20081008.pdf

 色々書かれているが、同ファイルの一番最後の部分、
 「文字の隙間を均等に書く」
 「ペンの持ち方」
 を読めば足りる。

 レッツトライ。

 
(2) 出来る限り早く書ける文字を検討しておく
 答案に略字は厳禁。
 しかし、ある程度のくずしなら許される。(たぶん)

 たとえば、「さんずい」をキッチリ書かずとも、
sanzui.gif
 
 そして、「を」は
 wo.gif

 良く使う「ごんべん」は、
 gon.gif

 読めるでしょ?
 ron.gif


 こんな感じで略字にならない程度まで崩し、速度を稼ぐ。
 少なくとも、上記の崩しは、実際に答案で使用した。

 一文字一文字の微妙な差が、積み重ねって行くと馬鹿にならないと考える。
 読めれば良いのだ!読めれば!
 (開き直り)
 

 明日に続く



posted by 名もなき元受験生のソウル at 11:35| Comment(7) | 方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
堀場さんこんばんわ!
「論」さっそくまねします。ほかのもいまからやってみよう・・・。
堀場さんが使っていらっしゃったということで・・・PILOTカスタム742とっても興味がわいてしまいました。(同じくミーハー)
買うなら慣れもあるので年内に買おうと思います。(いまはSARASAを使ってます)
Posted by maru at 2009年09月26日 18:37
はじめまして。堀場さん。合格おめでとうございます。有意義な事を書かれていて、本当に参考になります。
 択一対策は、どのようにされたのかを教えていただけないでしょうか。また完択や条文判例本等の択一六法でお薦めの物がありましたら、教えていただけないでしょうか。お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
Posted by masa101 at 2009年09月26日 22:56
>maruさま
 ごんべんなら、何でも使えますよ(笑)

 そうですね。
 最初は戸惑うと思うので、早めの実戦配備をお奨めします。
 文具店に答案用紙を持ち込んで、実際に書いてみると文字の太さを選べて良いですよ。



>masa101さま
 はじめまして。
 短答対策については、改めて書いてみますね。
 ありがとうございます。
Posted by 堀馬 at 2009年09月27日 01:42
堀場さん、こんばんは。

私は、文字を書くスピードが遅い上に、字が汚いことに悩んでおりました。
堀場さんの方法論は、大変参考になりました。

お伺いしたいことがあるのですが、
くずし字は、何か参考にされたものがあるのでしょうか。それとも、堀場さん独自に開発されたのでしょうか。
よろしくお願いします。
Posted by tront at 2009年09月27日 22:42
>trontさま

 くずし字については、中国の「簡体字」を参考にしました。
(簡体字そのままではありませんが)

 学生時代の第二外国語が中国語だったので(笑)

 
Posted by 堀馬 at 2009年09月28日 00:45
お返事ありがとうございます。

私は、中国語選択ではないので、
自分でくずし字を開発するのはちょっと
無理そうです。

堀場さんのくずし字を参考にさせてもらいますね。
Posted by tront at 2009年09月29日 09:51
>trontさま

 略字にならない程度でご使用下さい(笑)

 ご友人等に見てもらって、判読してもらうと宜しいかと思います。
Posted by 堀馬 at 2009年09月29日 11:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。