ザ・グレイトフルデッド跡地

2009年09月23日

万年筆の価格の違いが、戦力の差であることを教えてやるとかやらないとか

(前回のつづき)


 技術面の合言葉

1.設問を徹底的に読む
2.問題文を読む際に、全力を尽くす
3.設問に答えようとする
4.質より量  悩んだら書け!


 以下、shouさんの質問に答える形で進めます。

まず、答案構成の時間について質問させていただきたいです。自分は、答案構成の時間がかかりすぎるので、書き始めるまでに45分くらいかかってしまいます。したがって、書く時間が少なくってくることから、6枚くらいしか書けません。


 答案構成には、45分から50分ほどかけていました。
 近々本試験のTK(答案構成)をアップしたいと思います。
 残りの70分で、7枚書きます。
 字が大きいかも知れませんが、1ページ10分の速度で書けます。
 
 スピードアップの方法についても、また後日詳しく書きます。


次に、堀馬さんが使用されていた筆記具について。堀場さんはだいたい7、8枚は書かれていたみたいなので、書くスピードは他の人よりも早いと思います。やはり万年筆を使用されていたのでしょうか。自分は、今、検討中であります。


 私は、以下の理由から万年筆狂信者です。
 
1.カッコよい →モチベーションが上がる
2.余り疲れない  筆圧をかけず滑らせるように書くので
3.昨年2位の方も使っていたw
 →ミーハー

 PILOTのカスタム742を使ってます。
 カッコよいとやる気が出ます。
 ヤフーショッピングで15,000円くらい。
 中古品は手を出さない方が吉。

 


最後に、論点の拾う数について。書く論点を絞っても、深く考察したものであれば、点数は良くなるということを聞いたことがあります。しかし、自分は、より多くの論点を少しずつ書いていった方が評価が高くなるような気がします(深く考察できないというのが本音なんですが)。堀場さんのスタンスはどのようなものだったのでしょうか。


 「深く考察」している暇はないと思います。
 明日、詳しく書きますが、答案作成において最も重要なのは、最後まで書ききることだと思います。
 途中で深く書きすぎてしまうと最後まで処理し切れません。
  
 今年の刑法は多論点で、法学セミナーの解説の先生も
「論点が多すぎ、これでは深い考察ができない」旨、嘆いていたと記憶しています。

 設問に答えること、そのために最後まで書ききることを重視しました。

 TKせず、思いついたことを、バラバラに書いているので、おかしな文章ですが、お許しあれ・・・

 たぶん、まだ続きます。



posted by 名もなき元受験生のソウル at 11:34| Comment(10) | 方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
詳細な説明、ありがとうございます。
非常に参考になりました。

スピードアップの方法も気になりますので、よろしくお願いします。

また疑問が出てきたら、質問させて頂きたいと思います。お願いします。


Posted by shou at 2009年09月23日 12:38
SARASAのあまりの滑らなさには、試験会場で涙目になりましたよ。
やっぱり新司は万年筆なんですかね〜。

修習に向けてまたブログをはじめたので、よかったら相互リンクお願いします。

私のほうは、新司の話はあまり書く予定がありませんが、第2部「魔界編」が始まりましたらまた情報交換お願いします^^

限定公開のパスは以前のままですので^^
Posted by 兵卒 at 2009年09月23日 18:07
はじめまして、堀馬さん。来年受験予定の者です。再現答案から最近の記事まで、本当に参考になります。
ありがとうございます。

万年筆について質問させていただきたいのですが、わたしも最近万年筆を使い出しまして、パイロットのカスタム74を使用しています。
でも、なんだかしっくりこないというか、自分にはペン先が堅すぎるような気がして。。しかし長時間筆記には堅い方が疲れにくいと勧められて購入したんですが。

カスタム742はどんな感じなんでしょうか?書き味は柔らかい感じですか?試験で実際に使用された方の使用感を聞きたいのでぜひよろしくお願いいたします。
Posted by yusuke at 2009年09月23日 19:43
>shouさま
 お役に立てば幸いです。
 スピードについて、今度書きますね。


>兵卒さま
 早速リンクさせていただきました。
 今後とも宜しくお願いします。


>yusukeさま
 私も最初は慣れませんでした。

 ただ、万年筆の重さだけで書くことを意識すれば、ペン先の固さは気にならなくなるのではないでしょうか?

 
Posted by 堀馬 at 2009年09月23日 20:12
返信ありがとうございます。
やはり慣れるまで時間が少しかかるみたいですね。重さで書きこなせるよう努力してみます!

ありがとうございました。
Posted by yusuke at 2009年09月24日 01:15
はじめまして、堀馬さん。
刑事系11位はすごいですね!
私は今年受験して一振しましたが、
刑事系は4900位台とひどい成績でした・・・。

質問させていただきたいのですが、刑法総論、各論の基本書は何を使われていましたか?
私は、司法協会の刑法総論講義案と西田刑法各論を使用していました。西田各論は分かり易くて良い本でしたが、総論講義案は説明が薄くて微妙な感じがします。
Posted by ksuke at 2009年09月24日 02:46
>yusukeさま
 いえいえ。
 今後ともよろしくお願いします。


>ksukeさま
 刑法は、前田先生をベースに論証を作りました。
 前田刑法判例250も使いました。
 あとは、答練ですね。

 西田先生の本は見たことがありません。ごめんなさい。
 講義案は買いましたが、未読です・・・

 
 
Posted by 堀馬 at 2009年09月24日 14:42
良い記事はどんどん紹介しますよ〜

私も万年筆凝りました。ロー2年のとき。
ただ筆圧が強過ぎるので、一度潰してしまったことがあり、しばらく遠ざかっていました。
しかし、2回目の不合格のあと、本当に合格のことを考えると筆記スピードアップが不可欠だと思って、筆圧を弱めて万年筆を使うようにしました。

レギュラーは、ウォーターマンのカレン。
サブは、PILOTのCustom743。
カレンは刑事系でインクが出なくなり、Customと交代しました。
カレンは青みがかった黒インク(ブルーブラックではない)がいいんですよ。

と、オチはないのですが。
Posted by 上海 at 2009年09月24日 20:54
堀馬様

ご回答ありがとうございます。

前田先生の本、読んでみます。
答練も良い練習になるんですね。
受講検討してみます。

ありがとうございました!
Posted by ksuke at 2009年09月24日 20:59
>上海さま
 ありがとうございます。

 それにしても、サブ万年筆にCustom743とは・・・うらやましすぎる!


>ksukeさま
 いえいえ。
 刑事系は、まだまだ答練で対応できると思ってます。
 思いたい(笑)

Posted by 堀馬 at 2009年09月25日 00:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。