ザ・グレイトフルデッド跡地

2009年09月21日

法律知識が、戦力の決定的な差でないことを教えてやるとかやらないとか

(昨日の続き)

 法律知識と試験結果とが比例していない。
 
 A氏とオレンジ君との知識の差は、歴然としていて、A氏を強襲サイヤ人時の「ベジータ」とするならば、オレンジ君の知識は「ヤムチャ」クラス(サイバイマンにやられる程度)。
 事実、短答の点差は、40点の点差があった。

 にもかかわらず、論文においてはオレンジ君が、A氏を20点弱上回っている。
 
 ちなみにオレンジ君は選択が絶望的に悪く、25点台wの足きり寸前だったため、公法・民事・刑事だけで比べれば、オレンジ君がA氏を40点以上上回っている。


 とすると、法律知識は短答突破レベルがあれば十分で、あとは表現力、もっと言えば、答案作成の技術で勝負がつくのではなかろうか?


 明日は、堀馬とオレンジ君が心がけた答案作成の形式面技術面について、書いてみたいと思う。

 引っ張ってみた(笑)
posted by 名もなき元受験生のソウル at 23:04| Comment(8) | 方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おお、いいですね、分析!来年以降に受験される方にはこれ以上なく有用だと思います。僕はもう分析する気力が残ってません・・・堀馬さんの他を益する精神、恐れ入ります。
 続きがめっちゃ気になります。引っ張られまくり。
Posted by lyouma at 2009年09月21日 23:49
 引きだけで勝負!

 結論については責任は負いかねます(笑)
Posted by 堀馬 at 2009年09月21日 23:59
同感です。
自分や周りを見ても、2桁合格をするにはそれなりの法律知識が必要だと思いますが、500番台までは最低限の法律知識でいけると確信しています。
結局、「文章力」というラベルの貼られたブラックボックスの中身で合否は決まるのかと。
Posted by ふーご(仮名) at 2009年09月22日 02:14
>ふーご(仮名)サマ
 文章力・・・なんとも恐ろしいものですね。

 
Posted by 堀馬 at 2009年09月22日 12:33
つづきたのしみにしてます。
Posted by maru at 2009年09月22日 16:09
>maruさま

 その言葉をお待ちしておりました(笑)
Posted by 堀馬 at 2009年09月22日 22:44
自分はロー生ですが、堀馬さんに質問させていただきたいことがあります。

自分は、予備校などの論文答練で時間を計って解くと、どうしても6枚弱くらいしかいきません。しかし、堀馬さんの再現や過去の答練の感想を拝見いたしますと、7枚とか時には8枚くらい行っています。

そこで質問なのですが、堀馬さんは答案構成にどれくらい時間をかけられているのでしょうか?あと、自分は、万年筆を使うと多くの文字を書くことができるという話を聞いたことがあるのですが、堀馬さんはどんな筆記具を普段、使用しているのでしょうか?自分としては、書く絶対量が人よりも少ない気がするので、堀馬さんの話を参考にさせていただきたいと思います。

Posted by shou at 2009年09月23日 00:06
>shouさま
 コメントありがとうございます。

 質問に対する回答を、明日の記事のネタにさせていただきます。
 しばしお待ちを…
Posted by 堀馬 at 2009年09月23日 00:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。