ザ・グレイトフルデッド跡地

2009年09月21日

11月まで

 ほぼ毎日ゼミを敢行することにした。

 内容は、民法・刑法・民訴・刑訴。
 これらの条文、百選判例をもう一度おさらいしたい。


 お世話になった先生から、次のようなお話を伺ったからだ。

「一応の手続は進められるものの、なぜそのような事実が重要なのか、どういう証拠構造なのかの根拠が薄弱な意見が多い。」

「手続など経験を積めば修得できるが、実体法理論などの基礎は、入所前に体得しておく必要がある。」

「実務的なことに目を奪われずに、基本法の基礎理論をじっくりと復習しておくことが肝要。そのような勉強は以後二度とないので。」


 毎日午前中に決行。参加者募集中。
 ただし、実施場所はモリコロパーク。

 
posted by 名もなき元受験生のソウル at 01:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。